12345>|next>>

質問の技術

『パワー・クエスチョン』という本の中に面白い逸話がある。

キッシンジャ―(元 米国国務長官)の部下であったウィンストン・ロード氏が、のちに語った回顧談。

そのまま下記に引用する。

ある日、キッシンジャ―から、大統領に提出する外交政策報告書の作成を依頼された。

私は報告書をうまくまとめて、その草稿をキッシンジャーに提出した。

翌日、彼は私を呼んで言った。「これは君にできるベストなのか?」と。

「自分ではそう思っていますが、もう一度やってみます」と答え、二、三日後にもう一度草稿を提出した。

その翌日、また彼に呼ばれて「本当に、これは君にできるベストだったのか?」と念を押された。

私は「自信はありましたが、もう一度見直します」と答えた。

そのやり取りが何度も繰り返され、九回目に提出したその翌日に呼ばれて同じ質問をされたとき、私はついに怒りを爆発させた。

「さんざん知恵を絞ったんです!これは九回目ですよ。自分にできるベストだと確信しています。これ以上、一語たりとも変えられません!」

そう言うと、彼は私の顔を見て答えた。

「そういうことなら、そろそろこれを読むことにしよう」

 

キッシンジャ―の人を育てる技術も素晴らしいが、気になるのは、そもそもなぜ、最初から一語たりとも変えたくないほど練りに練った報告書を作らなかったか。という事。

 

他の人も同じ程度の物を出せるなら、特に君でなくてもいい。

そういう、当たり前のことに気づかなければならない。

 

チャンスはいつも目の前にある。

ただそれを「チャンス」と気付くか「業務」と思うかの違い。

 

チャンスはチャンスの顔をして現れてくれない。

むしろ不運のように、面倒な頼まれごと、自分が損すること、努力の要することとして現れる。

「頼まれごとは試されごと」という言葉もあるが、まさしく「試されること」がチャンスである。

 

チャンスは「平等」にあり、評価は「公正」に与えられる。

トーマス・エジソンも語っている。

 

ほとんどの人の人生は機会を逃している

その機会は作業服を着ていて仕事に見えてしまうからである。

面白かった本

『破天荒フェニックス オンデーズ再生物語』田中修治(著)

久しぶりに、面白くて最初から最後までイッキに読んだ本。

Amazon 書籍案内より

人生を大きく変えるために、倒産寸前の眼鏡チェーン店を買収した田中。しかし、社長就任から3ヵ月で銀行から「死刑宣告」が下される。度重なる倒産の危機、裏切りに次ぐ裏切り、決死の資金繰り...。何度も襲い掛かる絶体絶命のピンチに破天荒な施策で立ち向かっていく。実在する企業「OWNDAYS」の死闘の日々を描いた、ノンストップ実話ストーリー。

 

だいたい新規事業、特に新しく取り組む分野の事業というものは、まったくもって最初の計画通りにいかないもの。

不思議なほど計画通りにならない。

事業を始めてしまったら、ただただ次から次へと生まれてくる問題に対処し、乗り越え、勝っていくしかない。

 

テイクオフさせる最初の1〜2年は過酷だ。

人・物・金のすべてがなく、さらに経験、知識、実績もない。

それなのに、次から次へと新しい問題が起こってくる。

そして、問題に連勝し続けなければならない。負け即退場。

 

それでも、乗り越えられる人は何が違うのか。

問題に立ち向かうエネルギーに満ち溢れている。それだけ。

アイデアでも人柄でもない。夢中になれるエネルギーが最も大切

 

そういうことを思い出させてくれる本でした。

舞妓Haaaan!!!

縁あって、この1年、何度か祇園のお茶屋さんで遊ばせて頂いた。

季節によって「都をどり」だのお船で「一調一管」だのがあり、今回も、節分の季節に行なう「おばけ」というイベントに参加させていただいた。

 

客はお座敷でコの字型になり、据え膳と舞妓芸姑のお酌を受けながら、回遊してくるおばけの芸を楽しむというもの。

写真では掲載しないが、「おばけ」とは、普段、きれいでおしとやかな芸姑さんたちが、志村けんのばか殿のノリで、化粧・仮装をして面白い芸を見せてくれるというもの。

7組くらいが回ってきたが、思い切りの良さに爆笑してしまった。

祇園 おばけ」などと画像検索すれば大体様子は解ると思う。

 

で、機嫌よく舞妓はんと写っているが、正直、こなれた芸姑さんより舞妓ちゃんのほうが話していて楽しい。

仕込みという2年ほどの期間、スマホも持てず無給無休で躾や芸を学び、お座敷でお客やお姐さんたちから学ぶ。

その辺の甘えた新卒社員とは努力も根性も違う。

だから生きる姿も、つたない所作すらも美しい。

 

とか理屈言ってるけど……ホントは単に可愛いなぁ〜と。^^;

 

歳を重ねるごとに人生がどんどん楽しくなっている。感謝感謝!

おっさん4人旅

昨年同様、今年のバースデイ休暇もマリーナ友だちと過ごした。

昨年は、食の宝庫 博多&山口の旨いもんツアーだったが、今年は、福井県で温泉&旨いもんツアー。

みんな、飲み続けで睡魔が襲う中、日付けが切り替わるまで待って、シャンパンでバースデイ乾杯をして頂いた。感謝感謝!

その直後に開演されたイビキの四重奏は、朝まで続いたそうな。

 

で、お目当ては食べログ かに部門ランキング 全国一位の「川㐂」

刺しも、しゃぶも、焼きも、鍋もなく、ゆで1本で勝負するお店で、まるで漁師に教わるがごとく、蟹の一番美味しい食べ方を教えてくれる。

特に、甲羅みその茹で汁がめちゃ旨い。最初、この白いブヨブヨは豆腐かと思ったが、茹で具合で血が白く凝固してこんな感じになるらしい。毎年カニは食べるけどこれは初体験の旨さだった。

 

そして、福井県坂井市のもう一つのお目当てが、辛味大根そば。

まぁ言っても蕎麦よね。と思っていたが、めちゃ美味しかった。

宿泊は芦原温泉で、一休.com北陸温泉評価で2位の「つるや」。

1位はあの「加賀屋」なので、実質1位みたいなもん? 笑

宿の全体的な雰囲気が、星野リゾートの「青森屋」に似ていて、静かに過ごしていると、徐々に世俗と切り離されていくような没入感があり、2連泊するタイプの宿ですね。

 

・・・と偉そうに、カニは「川㐂」で、宿は「つるや」だね!と語っていますが、すべて食通なお友達のアレンジ&スケジューリングですので、私は全然知りませんでした。

ま、ほんと皆さん食通、旅通、道楽通で、すべてが初体験ながらいきなり最高レベルを体験させてもらっているので感謝感謝!

 

こんな感じで、人生の先輩方から知識や体験を授かったら、今度は、私が後輩世代に伝えていく役割を担うべきだな、

と、思ったり思わなかったりする、55歳の初日です。

設立10周年

2010年1月20日に今の会社を設立し、今日、10周年を迎えた。

事業としてはまだまだ理想に遠くおよばずだが、全社会議後に突然、皆からサプライズがあった。

 

導入1000社達成と10周年の記念碑を作ってくれ、さらに社員全員からそれぞれ手書きの手紙、さらにさらに、「奥さんとお祝い旅行してください」と、旅行代として10万円もくれた。

 

夜、自宅で皆からの手紙を読みながら、熱く感謝の言葉を書いてくれているけど感謝を伝えたいのはこっちや、と思っていた。

 

理想の事業にはできてないのに、理想を超えた人々に囲まれてる。

この気持をうまく表現する言葉が思いあたらない。

一周まわって、今はありふれた言葉で「皆、本当にありがとう」

夜は、10周年のお祝いとして、いつもの青山カシータで食事。

食後、テラスのテーブル型こたつでデザートを頂きながら、WEBビンゴとかトランプとかジャンケンで、VISAの商品券があちらへこちらへと飛び交って盛り上がった。

 

10周年。ここまでは、素晴らしいメンバーたちに助けられてきたので、ここからは、ぼちぼちお返しを始めないといけねぇな。

 

ラッキーナンバー17

1月17日。妻とランチに行ったらクローク番号が「17」だった。

こういうの嬉しい。宝くじ売り場があったらなら買っただろう。

それにしても平日昼間のスプレンディードは99%女性で満席。

見てはいけないものを見た気分だが……、まぁそれで良かろう。

大好きな短い歌

何度聴いても、ウルっときてしまう曲がある。

キャロル・キングがライブの1曲目に唄う短い歓迎の歌。

♪'Cause I'm sixty-two~ 部分に齢を重ねた美しさがある。

こんな曲で始まりだったらどれほど素敵な夜を過ごせるだろう。

 


Welcome to my living room
私のリビングルームへようこそ

It's not a womb, it's not a tomb
それは子宮ではなく、墓でもない

Not a June bride or the December groom
6月の花嫁でも12月の新郎でもない

Tonight, in Hyannis
今夜、このハイアニスで

We'll be playing at a reasonable volume here
適度な音量で演奏します

In my living room
私のリビングルームで

I'm gonna play some songs for you
私はあなたのためにいくつかの曲を演奏するつもりです

There are so many I'd like to do
やりたいことがたくさんあるけれど

If I don't get to them all, I hope you'll forgive me
それらすべてが出来なかったとしても、私を許してくれることを願っています

'Cause I'm sixty-two
私は62歳だから

And there's so many I'd like to do
やりたいことがとてもたくさんあります

Old and new
古いのと新しいのを

But I'll try to do all I can in the time they give me
私は、与えてくれた時間の中でできる限りのことをやってみます

Let's set aside all the fussing and fighting
さあ、すべての騒ぎと戦いを脇に置きましょう

And meke this night about songwriting
そして今夜は作った曲について

Sing and play some favorite tunes
いくつかのお気に入りの曲を歌い演奏します

Welcome to my living room
私のリビングルームへようこそ

達成

昨日、直近の目標であった弊社開発クラウドシステム「Sales Performer」の累計導入1,000社を達成した。

何としても年内にやり遂げよう!と、メンバーの気持ちが一つになり、ミラクルな月間契約数記録も更新しながら達成してくれた。

どんな言葉を使っても物足りないが、シンプルに「ありがとぅ!!」

人生まだまだ面白いことがたくさん待ってそうな予感がします。

1番にならなきゃいけない

最近、あらためて孫正義の講演を聴き続けている。

自分の意思を自分自身に確認したい時、勇気が欲しい時、より高みを目指したい時に、自然と原点回帰するように『思考は現実化する』を再読したり、孫正義の言葉を聞いたりしているように思う。

 

ぜひ上部動画・音声を聞いて欲しが、一部、書き起こす。


『ナンバーワン戦略』孫正義

1番になれるといことを体験したら、勝ちぐせがつく。

ナンバーワン戦略といのは、孫子の兵法の中にも、ランチェスターの中にも共通して出てくる「勝てる戦いしかしない」というもの。
闘ったら絶対に勝つ、勝てる戦いしかしない。

しかも、その分野で圧倒的ナンバーワンになれる、という自信のある分野しかそもそも手をつけない。

時間の早いか遅いがあるとしても、圧倒的ナンバーワンになるという戦略が見えたその分野だけ手をつける。

特に情報産業においては圧倒的ナンバーワンじゃないと、そのポジションは非常に危うい。

 

一番を経験をしていない人は負けぐせがついている。

1ヵ月で良いからナンバーワンを取ったら「なんだ一番になれるじゃないか」と、一番を体験したら勝ちぐせがつくんですね。

そのポジションがホームポジションになると、一番でないと気がすまない。気持ちが悪い。そういう風になってくる。

だから、一番になれるように頑張る、自分を追い込む、腹をくくる、へこたれないということですね。

 

事を成すというのに、2番3番でうろちょろしていて、ましてや4番5番でうろちょろしていて事をなせるなんて、世の中はそんなに甘くはない。

部下に対して深い愛情があるなら、お客さんに対して強い責任感があるならば、一番いならなきゃいけない。

一番になればそこからゆとりが生まれて、より優しくなれるのです。

創業事業の決め方

孫正義が創業事業を決める時に考えていたこと。

創業4年目の講演録音より書き起こしてみた。

 


アメリカの大学から日本に帰ってきて、何の事業を起こすかは決まっていなかった。

しかし、慌てて決めちゃいかんなと思いました。

 

その仕事が、うどん屋であろうと、街の雑貨屋、あるいは貿易であったとしても、一旦スタートしたからには、私は、その分野において日本で一番になりたい。


日本で一番になることは、それほどたやすい事ではないけれど、やるからには日本で一番にならなければならない。

たとえそれがどんな事業であったとしても、日本で一番になるには、20年30年かかるだろうと考えた。

そうしたならば、どれを選ぶか。
それが最初の一番大きな仕事ではないかと考えた。

 

たまたま親がやっておるから、とか、たまたま偶然に機会があった、ということでやるのは、私は好きではない。

やはり、よく調べて、本当に自分が途中で投げ出さないで、これを一生続けてやるんだと、いう覚悟を決められる仕事を選ばなければならない。

だから、土俵選びに一番時間をかけなければならない。

 

その選んだ業種がたまたま構造不況の業種であったとしたら、

自分の能力が10であったとして、12の力を発揮したとしても、その効果、結果は5か6にしか現れないだろう。

もしその業種が構造的に伸びる業種であったとしたら、

自分の能力が10であったとして、12の力を発揮すれば、その効果、結果は20になるのではないだろうか。

 

20と5では4倍の開きがある。
同じ能力で、同じ努力をして、結果が4倍も違うならば、そりゃやはり、構造的に伸びる業種を選ばなければならない。
これは当然のことだろうと思う。

次に、自分自身がやる気を感じることでなければならない。
やる気が継続して感じられることでなければならない。

3番目に、小さな資本でスタートできること。

4番目に、あまりにも強力な競争相手がいる分野なら、これは歯が立たない。これも避けるべきであろう。

次に、儲かる仕事でなきゃいかん。

次に、社会性のあることでなければならない。

社会性が無い時には、いくら儲かっても、法律や規制で妨げを受けることになる。


そのうえで、新規の事業を40ほど考え、40の分野を徹底的に市場調査をした。

最初から40考えたのでなく、4つか5つ考えて、その市場調査をしているうちに、もっと良いものはないかと常に平行して考えた。

 

1年半考えました。
その1年半で、私と社員二人、アルバイト一人で、私自身がいったい何の事業をやるべきか考える。これがその会社の役割です。

 

したがって、その会社は1年半ものあいだ売り上げはゼロ。
経費は出る一方です。

社員からは「いつになったら始めるんですか?社長、早くご決断を」と迫ってくるのですが、決断をと言われても、私には、これだとはっきり言える材料が充分に揃っていない。

 

それほど、土俵選びというのは、私にとって一番重要な最初の仕事であるということを自分に言い聞かせておりました。

 

そういうことで1つに決心したのです。
もう、決心したあとは、迷うことはありませんでした。

pagetop