12345>|next>>

幸福の資本論

 

『幸福の資本論』橘玲(著)でいくつか感じることがあった。

 

一つは、「限界効用の逓減」

 

暑い日の喉がからからに渇いたときに飲む生ビールのひと口ほど美味しいものはないが、この美味しさは2杯目、3杯目とジョッキをお代わりするにつれてなくなっていき、やがては惰性で飲むだけになってしまう。

あらゆるものにおいて、手に入れたときをピークとして高揚感も効用も逓減していくむなしさがある。

 

これを何度も経験しているうちに、「次なる大きなものを手に入れても、どうせまた同じような気持ちになるのだろう」と思えてくる。

いったい幸福のゴールはどこにあるかと天に問いたくなるのだが、ゴールはない。

幸福感は、何かを手に入れた瞬間ではなく、手に入れようとして進んでいるプロセスにあるのだということを思い起こさせてくれる。

 

 

もう一つは、「自分探し」について

 

「自分探し」はすっかり陳腐化し、いまや鼻で笑われる言葉になってしまったが、それでも人々の心のなかには「ほんとうの自分」はどこにあるのかという感覚がある。

 

いったいどこに? それは自分自身の過去にある。

小学生、中学、高校、大学生。その時代に友だち集団の中にそれぞれのキャラがある。

不思議と各自のキャラはかぶらないようになっており、リーダーキャラ、おもろい奴キャラ、スポーツキャラ、秀才キャラ、努力家キャラ、無口キャラなどなど自分のキャラが自然と確立される。

 

もちろん、小学生時代と中学生時代でキャラが少し変わったりもするが、あの時代、自分のキャラはどういうものだったのかを思い起こしてみる。

 

「ほんとうの自分」とは、幼い頃に友だちグループのなかで選び取った「役割=キャラ」だ。

 

ところが社会にでると、リーダーキャラでないひとが年功序列方式で上長の役割を担ったり、秀才キャラのひとが体育会系上司から気合と根性論で熱く語られたりなど、処世術として「キャラ違い」を演じ続けなければならないこともある。

そのとき、ひとは「ほんとうの自分じゃない」と感じる。

 

地元のマイルドヤンキーが「自己実現」で悩まない理由

 

それは、彼らが少年時代からの強いつながりのなかイツメン(いつものメンバー)として、大人になった今も同じキャラでいられるから。

夢は語りあうが、その輪から飛び出して自己実現を目指すことはない。地元に家を建て、それぞれが家族を持ちながら昔ながらの友だち関係を続ける。

そこに「自分探し」に悩む必要はない。それはそれでいいのだ。

自己実現で成功して金持ちになる幸せも、地元から離れず並の人生を仲間とおくる幸せも、どちらが良いというものでもない。

 

幼い頃、学生時代の自分のキャラを思い起こしてみよう。

それに沿った職業や役割、社内でのキャラ、社会でのキャラであれば、違和感なく人生を過ごしていける。

 

もし、「キャラ違い」を演じ続けているのなら、ずっと我慢や違和感、失敗を繰り返さなければならないのかもしれない。

長い人生を考えれば、人生のどこかでキャラ戻しが必要だろう。

 

自分自身のことはどうか

 

おそらく、それほど元キャラと違いはないのかもしれない。オンとオフ、ビジネスとプライベートもキャラは変わらないと思う。

だから「自分探し」や「ほんとうの自分とは」などとは、あまり考えたことがない。

 

ただ、まだ「自分の可能性」の2割ほどしか使っていない気はしてならない。かたや、その2割で、幸せの8割をすでに得ているような気もする。

だから、全部使えたとしても、残り8割の秘めた力を出し切って、最後の2割の幸せを得るような、燃費の悪い作業のようにも感じる。

 

パタゴニアの創業者イヴォン・シュイナードが書いた『社員をサーフィンに行かせよう』で、確か「8割主義」というような言葉が出てきたと思う。

多趣味のイヴォンは、色々なことをやろうと思えば8割の習得で満足すること。残りの2割は、それまでの何倍もの時間を要する一流プロフェッショナルの世界だ。と。

 

さてさて、どうしたものか。

軽井沢でTVインタビュー

週末、軽井沢へ1泊2ラウンドのゴルフをしに行った帰り、GoToキャンペーンでもらった1万数千円の電子クーポンでおみやげを買うため軽井沢銀座へ立ち寄った。

そのとき、"電子クーポンを使った観光客" として、東山紀之メインのテレ朝『サンデーLIVE』のインタビューを受けるの巻。

 

さてどうかな?と思ったけど、今朝の放送で使われてました。

それにしても、本当にこの電子クーポンが超絶使いずらい。

まず利用方法が非常に複雑でスマホ操作もかなり時間がかかる。

 

たとえば、今回、実際に使った7,200円の買い物を電子クーポンで買うのに、スマホ操作で一度も操作ミスしなかったとしても、35〜40回のタップが必要。誰が設計したのか、笑ってしまう。

 

『電子クーポンで四苦八苦』とか悲しいタイトルつけられて。

完全に、スマホが苦手なおじさんと化しているが・・・どうでも良い ひとことを叫ばせて欲しい。

「俺、こんなん結構得意なほうやねん!俺のせいちゃんねん!」

アニメーションをつけてみた

【星のはなし】https://vimeo.com/461152003

作詞作曲アニメーション:ヒロマル17(HiroMaru SEVENTEEN)

以前に作ったボカロ曲にアニメーションをつけてみました。

 

[Work Station]: Cubase 7 (YAMAHA)
[Drum Software] : Stylus RMX
[Synthesize Software]: Massive, HALion, Hyper Sonic
[Vocal Software]: VOCALOID 3 Megpoid
[Video]:Adobe After Effects

Founder of SONY

SONY創業者 井深大と盛田昭夫

関西宅も東京宅もメインのTV画面はSONYを入れている。

70年以上前からのApple的デザインも思想も好きだから。そして、創業時に起草したあの美しい設立趣意書の一文が好きだから。

 

真面目なる技術者の技能を
最高度に発揮せしむべき
自由闊達なる理想工場の建設

会社は何のためにあるのか。

そこに集う人々の、それぞれ理想の人生を実現するためだ。

「それぞれの理想」を実現するために「理想的な環境」を提供するのが「理想的な会社」。

それが目的であって、その目的を達するための手段を企業理念に書き実行する。

 

技術者である井深は語った。

まず、強い目標を立てる
それを達成するためにあらゆる努力をする
できそうだからやってみようとは大きな違いである

経営者である盛田は語った。

他人と同じ考え、同じ行動をしてはならない
欲がない人間、好奇心がない人間に成功はない

 

井深氏の思いから始まるソニー設立趣意書は一読の価値あり

https://www.sony.co.jp/SonyInfo/CorporateInfo/History/prospectus.html

アウトホールブレイク

今日は少し風が強かったからか、昇りでセールに負荷をかけていたら、突然、バーンと大きな音をたててメインセールが外れた。

よく見ると、アウトホール(セールの裾を後ろに引く部分)がメインセールからブチっとちぎれ飛んでいた。

今からメインセールをオーダーして1ヵ月ほどでできるかな?

自主規制

先日、何かのTVを観ているとき「もう、へべれけになって」という言葉が妙に頭に残った。

意味は分かるんだけど、この「へべれけ」っていったい何だろう、擬音?オノマトペ? 漢字の書き方ってあるの?

 

気になったらサクッとググる。・・・いや待て。

 

今時、何でもスグに解決しすぎなんよね。もうちょっと自分で考えてみよう。・・・全然わからん。

再びググりたくなるが・・・我慢。Googlanai。自主規制。

 

よし決めた!調べない。いつの日か自然な出会いを待とう。

 

他にも意味は解るが漢字も語源も想像つかない言葉がある。

「おっちょこちょい」とか「ぼんやり」「ぽんこつ」とか。まぁ「へべれけ」も含めて、言葉の分類箱が3つしかなかったとしたら、全部、同じ箱に放り込む系統だが。

それらも調べずに置いておこう。放置プレイだ。

 

ちなみに、上記の「Googlanai」画像を作成するときに、Googleのロゴってどんなフォント使ってるのか、さくっとググりました。

Product sans」というフォントです。検索って便利やね。

メアリー・パダム

『アラバマ物語』のグレゴリー・ペックとメアリー・バダム。

急ぎの仕事がひと段落ついたので今日は映画を観ることにした。

2回観た『ケープ・フィアー』(1991 主演:ロバート・デ・ニーロ)がリメイク作品だったことを知り、まずはオリジナル作品の『恐怖の岬』(白黒 1962 主演:グレゴリー・ペック)を観た。

ハラハラドキドキ感の演出としては、さすがにリメイク版も良く出来ているが、白黒作品には光と影が作り出す独特の雰囲気があって、物語に引き込まれる感じは、やはりオリジナル作品の方が強い。

昨日、友人との会話で話が出たが、『七人の侍』(1954 監督:黒澤明)は、光と影と雨の表現。やはり白黒作品でないと、ここまでの凄い映像にはなっていなかったのではと思う。

 

それにしても、グレゴリー・ペックはどの作品もカッコいい。

最初に観たのは、中学生時代の『オーメン』(1976)。ストーリーとは別に「何て男前なんや」と思っていたものだ。

で、『恐怖の岬』を観終わって、何気なくグレゴリー・ペックの画像を検索していたら、『アラバマ物語』のシーン画像がたくさん出てくる。

『アラバマ物語』は確かアカデミー賞を獲っているはずだけど、考えてみたら観てなかったなと検索してみたら、Amazon Primeで観れるようだったので、早速、続けてグレゴ リレーをしてみた。

 

物語は、古いアメリカ南部の話だからやはり黒人差別問題の話。

実は、黒人差別系の主だった映画はだいたい観ている。アメリカという国の成り立ち、口には出さない今も根深い思想を理解するには、やはり、50年60年代の時代変革期を知ることかと思う。

 

話はそれたが、ここまできて、実は、今日書きたかったのは『ケープ・フィアー』でも『アラバマ物語』でも『グレゴリー・ペック』や黒人差別問題でもない。

 

アラバマ物語の子役であるメアリー・バダムを絶賛したいのだ。

 

初演だそうだが、天才的というか、いや逆に、実際にアラバマに住む田舎の素人だからこそなのか、今まで観た子役としてはダントツに素晴らしい演技だと思った。

当時、アカデミー助演女優賞のノミネートになっていたようだ。

パッと見て男の子か女の子か見分けのつかない感じだが、昔々の時代で田舎の子といえば、だいたいこんな感じだろう。

 

で、さらに続くように、メアリー・パダムの作品を観たくなったのだが、その後は、おそらく作品に恵まれていないようだ。

 

さて、今日のタイトルは「メアリー・パダム」にしたのだが、これは、今後『アラバマ物語』を観て、私と同じようにメアリー・パダムが気になった人が、いつの日か、検索でここにたどり着いたらいいかなという思い。

「あぁ、こんなとこに、自分と同じことを感じた人がいたんだ」と、ほっこりした気分になってもらえれば、それでよしです。

Everyday, UberEats life.

再び感染拡大し始めてから、東京にいる間はほぼ毎晩 UberEats。

長らく出前館を利用していたが、Uberは不思議とクセになるよね。

今週2度目のマクドナルド。いただきます。

Uberのマップ上で移動する自転車アイコンを見てると、遠回りしてしまったりして、どこか可愛くて愛おしくなってくるのだが、いざ到着して玄関を開けると、単なるオッサンか兄ちゃんな訳で。

バーチャルからリアルになった瞬間に愛おしさが消え去る不思議。

 

で、NETFLIXで映画を観ていたら、ちょっとスイーツ的なものが欲しくなりUberアゲイン。映画観ながらスマホでポチっとな。

20分で冷たい飲み物とバスクチーズケーキが家に届いた。感謝。

 

レンタルビデオ屋に行く必要もなく、ネットで好きな時に好きな映画が観れて、ほぼすべての音楽も聴き放題で。

こうやって色々な食事やデザートも宅配され、それ以外のほぼすべての買い物がAmazonで翌日に配達され。

気づけば、自社で開発販売しているソフトも、サブスクでクラウドへのアクセス権を提供しているので物理的なモノがない。

その対価である売上げもオンライン上で入金され、給与やすべての支払いもオンラインで振り込んでいる。

人間同士の会話もzoomやLINEやSNSで違和感がなくなった。

 

昭和から平成にかけてモノがあふれ出したら、今度は、逆回転するように、フィジカルなモノがどんどん消えて無くなっている。

きっとこれからは家で過ごすオタク人口の方が多くなるのだろう。

そして今度は、ちょっと見下した感じで「あの人、オソトっぽいよね」なんて言われるのかもしれない。

7月24日は起業の日

本日、2020年7月24日(金.祝)3社目の事業を開始した。

渋谷にあるマンションの一室で、定番のミニマムスタートだ。

 

個人的に7月24日はとても意味のある日で、起業の日としている。
ハードワークの象徴 7days 24hourは、創業の標語でもあるしね。

 

1社目の起業は、2000年7月24日に事業開始した。

8年後にある上場企業に売却したが、本日、事業開始20周年を迎えいまだ成長を続けてくれている。

 

2社目の起業は、ちょうど10年後の2010年7月24日に事業開始。

こちらも本日、事業開始10周年を迎え、サブスクリプションの法人顧客も1000社を超えて絶賛成長中。

 

そして、さらに10年後の本日2020年7月24日。3社目が事業開始。

今回は、2社目の事業部長をスピンオフして代表取締役になってもらい、私は取締役として出資とシステム開発でサポートしていく。

 

やはり創業期がとても楽しい。0を1にする難問に挑める興奮。

事業計画を書いてはみるものの、始めるまでは机上の空論。先は全く見えず、予定どおりにいかず、想定外のこともたくさん起こる。

つまり、結局のところ、やってみなけりゃわからないものだ。

しかし、くじ引きとは違う。自分で当たりにする努力ができる。

 

10年後の会社生存率 6.3%、20年後の会社生存率 0.3%と言われる中、そう簡単なことではないと大声で自戒もするが、小声では常に上手くいくとも思っている。いや自惚れるな大声で自戒しよう。

 

アンソニー・ロビンズは言った。

人は1年でできることを過大評価するが、

10年でできることを過小評価している。

そう、確かに今日と明日は変わらないし、今月と来月、今年と来年もたいして変わったような気がしない。

しかし、歩み続けて10年経った時、物語は大きく展開している。
「歩み続けて」が読み飛ばされがちだが、流されず舵を握る事。

 

次の10年後というと2030年。65歳?。ちょっと先すぎる。

できれば、7月24日という日にこだわりながら、もう少し早いペースで次の会社、次の社長を支援し続け、あと何回か創業期の興奮を共に味わえたら、これ以上望むことはない。

 

自分の信条は、連続起業家のトニー・シェイが語っている。

あの成功が、まぐれではなかったと、

証明しなければならない。

1回目も2回目も全力努力したが軌道に乗ったのは「まぐれ」だ。

3、4、5回目もうまくいったら「多少まぐれもあった」と語ろう。

 

ガンガンやりまっせー!

神経ブロック注射

8年前からずっと、右ひじから小指と薬指にかけてピリピリと痺れているが、ついに左指まで痺れ始めたので、急きょ、ペインクリニックに駆け込み、神経ブロック注射を打ってもらった。

肩の痛みは少しラクになったが、痺れに関しては1〜2週間置きに数回繰り返していかないと実感としての効果はわからない。

 

大もとの原因は、昔にスキーの転倒で首の神経が圧迫されたこと。

わずか1年で痛みは消えたものの、今から8年前に短期集中でやりきる業務があり、何日も続けて長時間キーボード・マウスを操作し続けたことで腱鞘炎が引き金になって以来、右の痺れ絶賛継続中。

整形や大病院にも行ったがまったく治らず、もう慣れっこになってあきらめ放置していた。

んが、最近、少々業務が立て込み長時間のカタカタ、カチカチやっていたら、だんだんと、左指と左ふくらはぎまでが痺れはじめて、おっと、こりゃいかん!と。

神経系の手術は避けたいので、何とかブロック注射で治したいが、まぁ、最終的には、もうぼちぼちPCの操作をせずに、頭と口だけで仕事ができるようにしたいなぁ〜と思う55歳の夏であった。

pagetop